猛虎100連勝 2016年11月

阪神優勝への記録?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月アップデート

◆DOL

http://www.gamecity.ne.jp/dol/topics_cms/update/3051.html

アプデきたアアアアッチーン
オーナメントで速度上昇とかありそうだな
最高速上がっても仕方ないけど、まぁどうでもいいか

模擬以外で何を楽しみにやってたんだろう
って考えるとやっぱ新しい海域かな?
アプデの後港開けてくのはやっぱり楽しかったね
あとは造船とかかな

https://www.youtube.com/watch?v=yDgCz6_-Qkg

blogにも張っておこうと思ってたらもう1か月たってた
ドーファンから1年
洋上戦が無いとコミュニティが出来ないしやる気にはならないだろうな
色々思い出すとやりたい気もするけどインしてももう昔の環境は無いし、つら


◆WoT

理想から言うとあんまりうまくいってない、でも僕にしてはやってる方か
年内目標のTier10優等3取れる気配無し
90%は何度か超えたけど、でもそれじゃダメだよね
個人プレイも大概だけど集団戦も
うまくコミュニケイションができないこれはwotに限った事じゃないけど

思った事をすぐ言葉に出来る人尊敬するわ
居るんだよな器用に全体見てぱっぱと指示出せる人
きっどさんは喋んなくていいから適当にやってて。どうしてこうなった?
でもそんな人でもランダムの成績見るとあんましだったりする
回転率プレイだから?キンタマけちってるから?味方を信用した動きだから?
煽りみたいだけど甚だ理解し難い
そこまでわかった風に語れて実際上手くいってるのになぜランダムでは
勝率では出てるのかもしれないし直近では出てるのかもしれないけど

まあランダムの成績くらいはもう少し出したいね
と言ってる余裕もなくTBの事もあるんだけど
どうもリーダーになっちゃったようでタクも作らないといけない
練習の予定もたてて指示も適切に出せるか?
勿論僕1人でやるもんじゃないが
不安ばかりだけどくじけずに生きたい

(^_^)ファ
スポンサーサイト

今夜世界のRikusamへ

◆Military Drill - Titan X #24

mullerさんにお世話になりました(^_^)
決勝でTEに3-1で負け
攻めで取れたのはトナメ経験少ない人も居た中では成果なのでは
僕自身シルバー終わってからあまり触れてなかったから定期的にやらないといけないなと

http://worldoftanks.asia/ja/tournaments/2000000205/

https://www.twitch.tv/torakiddo/v/101999256


◆Challenger Rumble

終わったゲームだ―――10年間続けたMMO卒業の時
面白い戦車のゲームが日本語サポート開始らしいよ
新しい物には消極的だったが、過疎と老害ルール強要の対人戦に萎えていたので丁度良かった
戦車なんてTigerすら知らなかったが、アメリカにしとけば無難そうだと思い開発を始まる
だがそう簡単では無かった、何も調べず始めたため一方的に殴られ続けるProvinceの登場である
上のTierに上がれば...無心で回すが現れる巨大な壁M3Lee
ガン待ち有利の終わったゲーム、やっと敵が見えたと思ったら貫通できずやられるだけやんけ
こんなゲームやってられっかよ、最初の1年ほどはほとんどログインしない時期も長かった

しかし完全に辞める事は無かった
wotでどこまでいくか見てみたい、と女の子に言われた僕は渋々☆を消化する日々を続ける
速い戦車に乗って撃ちまくれば勝てるんだろw前のMMOのノリで進めたのはLeo1のLTルートだった
あろうことか偵察パンターまで六感無しでひたすら爆散する日々を続けた
そんな中ついに僕にチャンスが巡ってきた―――chaffeeレースである
正直つまらなかったが、イベントを消化すればスキル付き乗員が手に入るのでなんとか回し切る
そして諦めていたT1heavyから重戦車ルートを開始、すると面白いようにダメージが取れる
無課金で続けていたがT32を開発すると共にT34バンドルを購入していた

wikiや動画、2chを片っ端からチェック、実際にポジションを試して試行錯誤の日々が続く
気が付けばWN8は緑になっていた
そこで前にやっていたMMOの知り合いからクランに誘われる
拠点はあまり回っていなかったが、TBの存在を教えてもらいブロンズに参加
最初は足を引っ張らないように言われた通り動こうだったが、少しずつ形を覚えていく
そしてほぼソロだったが黙々と回し続けた甲斐があり、T-54mod1の3優等を手にする
TBを知ってから1年、気が付けば僕は大学を辞めWN8が青になっていたのだ

TBがTier10車両のルールに変更された事もあり、今のチームでは続けていけないと思い始める
ゴールドの2チームはメンバーが固まっているようだが、シルバー2チームのうち1つは募集をしていた
しかし加入後も頻繁にレポート提出が必須、細かいスケジュール管理まであると聞いた
敷居の高さを感じていたが、なんと運よくtwitterでもう1チームから声がかかったのだ
迷って一晩考えたが絶好のチャンスが巡ってきたと思いチームに参加
ここからついに本当のワールドオブタンクスが始まった

歓迎会だと言われ手始めにTBランク戦に参加
震える手を抑えて指示に従う、Tier8ではIS-3と54ltwtが超鉄板だ
どうやら実力派のメンバーは定番車両が無いらしい、416でIS3と撃ち合う、街MAPで4043を出す
どんな糞車両を出しても勝っていく、回線落ちが出ても負ける事が無い
圧倒的なタクとフォーカスで敵を次々に処理していく、最高のチームだと確信した
うちはTB回さないから適当に、そう言われ1人で非ランク戦を回す日々
チームメンバーが多く加入していたクランにも参加、拠点戦に参加し周りを見渡す
へへっIS-3の優等3だぜ、1コや2コの奴しか居ないのか?
ドヤ顔で前線に行き撃ち合いを始めたその時、まだ出ないで!!!!
女性に怒られる、アッハィ...味方との足並みを揃えなかったのだ
それから1か月は拠点戦に参加せず黙々とランダムを回すことになった

気が付けばチームバトルは非ランクすら回らない日が増える
ランク戦はしばらくして廃止されてしまう、僕自身働き始めてwotのプレイが減っていた
WGL形式のトナメにも中々メンバーが揃わず参加できない中、JCGの大会がありなんとか参加する事に
そこでもう1つのシルバーチームと対戦する事になる
彼らは相当に練習しているらしいと専らの評判だ、意識しているプレイヤーが多いのか闘志が燃える
しかし1戦目こそ好プレーで勝ったもの、その後は惨敗、実力の差を見せつけられる
当然である、集団戦なんてほとんど触っていないのだから動ける訳がない
僕はそれから拠点戦に少しずつ参加するようになるが少し遅かったのであろう

シルバー昇格が確定していたのに一向に届かないスパ垢、これでは練習をする事が出来ない
次シーズンの予定も未定の状態が続く、一体いつ始まるのか?
メンバーのWGLにかける情熱は下がりきっていた
チームリーダーは気が付けばランク戦のチームから抜けていた
他のチームでランク戦回してたのかな...いや、そんな筈は無い、回っていないのだから
残念ながらゴールドチームへの移籍だった
俺が戦国武将なら切り捨てていたわ...と言いたい所だが止める事は出来ない

練習は出来なかったが代わりに拠点戦はかなり回すことが出来た
ずっとチームのタクを一身に担いコマンダーを続けてきた彼と狂ったように拠点を回す
自然に距離が近くなる、こいつがいればゴールドに上がれるだろう―――
多く話す事は無かったが彼の指揮するCWは完勝続きである
いよいよシーズンが始まる、しかしシルバーは同時開催でなくまさかの後回し、指を加えてゴールドの動きを見るしかない
ASIAは勿論、RU、EU、NA、全ての配信を見続けた、誰にも負けないくらいに
そして届くスパ垢、忙しい中なんとか新しいメンバーも加わり練習も少しだけする事が出来た

いよいよ待ちに待ったSilver Mavericksである
だがそう上手くは行かなかった、やはり練習不足だったのだ
自分のミスが続く、性格柄もあるのか残念ながら集団戦はそれほど上手くなかったし声も出ない
それでもそこらのチームに負けないだけの地力はあった、二癖あるメンバーばかりだったが実力は折り紙つき
ゴールドチームにも負けないくらいにはTier10の3優等持ちだらけだった、僕はそれも持ってないのだが
温め続けたWGLへの想いだけを頼りに戦う、予選最終戦は春にJCGで敗れたあの日本人シルバーチームだった
2-2で迎えたProkhorovka、なんでこっちが蹴ったMAPなんだよ...でもやるしかねぇだろ
僕はCAP切りに向かった後囲まれ追われ続けるが、辛うじて逃げ切る
味方がその間にダメージを稼いでくれたのだ、気が付けばHP差がついてそのまま撲滅
よっしゃ!!喜びの声が漏れる、3位で予選を通過できた

そして迎えた決勝トーナメント
正直不安しかなかった、予選で僕のミスが多いのは明らかだった
しかしその不安は現実となる、決勝まで勝ち進み五分で迎えたのは再びProkhorovka
突然ゲーム内VCで流れてくるベトナム語に戸惑いながらも、
攻めでは僕のブラインドが運よく刺さる、相手の置き偵をGrilleで吹き飛ばしリードを奪う
だが正直このMAPはタクに自信が無かったが避ける事は出来ない
防衛はほとんど賭けに近い1点張りだったが、なんと運良く敵が一斉にラッシュしてきたのだ
しめた!3優等こそ取れなかったもののBatは1000戦使っている
HEATを込めていたが運良く弾が当たまくる、しかしここで緊張の糸が途切れてしまったのだろう
リロードの間敵から逃げれば良かったのに真逆に動いてしまっていた
すぐにまずいと気付き戻ろうとするが、そこは相手も予選1位通過のチームである
前シーズンゴールド2位チームのメンバーが多数混ざっていると聞く、見逃してはくれない
バスン!バスン!ゴーーーン!
Batの弾に続いて相手のGrilleの弾が刺さる、瀕死だが視界が切れたかなと思った瞬間、
僕の戦車は大破、敵のBatも見逃してはくれなかった

その後もタイブレイクまで迫ったが1歩及ばず敗退、戦犯は明らかだった
おいキッドォ!?何やってんだ!?頭大丈夫か!?、あそこは反対だったねぇ
CWでよく見る暖色みたいな動きしてたよ、あのさぁ俺も下手だけど頑張ってるんだからさぁ
頼むからキャリーしてくれよ...
ミスった...申し訳無い、沈黙が続く
ゴールドチームとの入れ替え戦があったが、コマンダーが一言、今日より強いチームだから厳しいよ
半年間最も信頼を置いた指揮官の一言の重み、そうだな、これで終わりにしよう
皆それぞれ学業が、仕事が、wotへの情熱が、これでやめるつもりだったんだと言い出す
しかしなんとか入れ替え戦までは頑張ろうと話はまとまるが―――

それから数週間、またWGお得意の先延ばしか、と思ってたいたが突如メールが来る
入れ替え戦は3日後だ、全く練習なんてしていなかったがやるしかなかった
Murovankaのタクが刺さり3-1とリード、なんとかいけるんじゃないか、そう思ったが現実は非情である
今まで得意としてきたHimmelsdorfでミスが重なり2本を落としてしまう
そして再度迎えるProkhorovka、今シーズンゴールドだったチームだけありタクでもう厳しい
完敗だった、3-5で入れ替え戦に敗退、ゴールドに上がる夢は絶たれてしまった

俺は向こうでやるよ、お前はやる気あるなら自分で言えよ、わかるだろ?
コマンダーの彼は元チームリーダーと同じくゴールドチームへ移籍するらしい
当然僕にはそんな自信は無かったが、彼のWGLへの情熱は僕が一番よく知っている
彼の背中を頑張れよと送り出すしかなかった
現WGL環境になってから、日本チームは世界大会には1歩届かない状況が長かったが、
今回は運命なのだろうか、彼らのチームはASIA大会を勝ち抜き、NaVi、HRへの挑戦権手にするためアメリカへ
今はただ応援するしかない―――


World of Tanks - Challenger Rumble 今夜彼らが世界のプレイヤーになる


http://worldoftanks.asia/ja/news/pc-browser/tournaments/challenger-rumble-2016-event/


https://www.twitch.tv/wgl_jp?utm_source=worldoftanks.asia&utm_medium=referral
プロフィール

きっど

Author:きっど

カレンダー
10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
更新状況∩(´∀`)∩ワァイ♪
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
315位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
大航海時代オンライン
9位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。